みなさんは、「ミトコンドリア」を聞いたことがありますか?ミトコンドリアは細胞の中にいる小さな器官です。1細胞当たり平均300~400個存在し、人体全体では1京個(1兆の1万倍)になるそうです。生命の「発電所」といわれ、生きるのに必要なほぼすべてのエネルギーを作り出しています。

図1. 動物の細胞

細胞は核膜を持たない原核細胞と核膜をもつ真核細胞に分けられます。原核細胞でできている生物として、細菌類(大腸菌や乳酸菌等)、ラン藻類(ユレモ、ネンジュモ等)があります。真核細胞でできている生物は細菌類とラン藻類以外のすべての生物細胞といわれています。

図1は動物の細胞の模式図です。光学顕微鏡で見える訳ではないので、こんな色なのかは謎です。作者のセンスで色付けしました。悪しからず。顕微鏡で見る場合は染色していますね。

細胞の中には、真ん中に核があり、それを囲むようにしていろいろな器官が配置されています。ミトコンドリアはその中の一つです。ミトコンドリアはソーセージやイモムシのように描写されます。曲がったりねじれたり、いろんな形が取れます。普通は細菌ほどの大きさで、長さは千分の数ミリ(1~4 μm)、太さは1/2 μmほどです。

先にミトコンドリアがエネルギーを作っているというお話を少ししましたが、エネルギーを必要としている細胞の中にはより沢山のミトコンドリアが存在します。例えば、心臓の細胞です。(心臓が止まったら困りますよね??)どの細胞に沢山存在しているのか、調べられたら後日記載したいと思います。